投稿

10月 19, 2008の投稿を表示しています

Cruにて第13回ワイン会 その1

イメージ
Cru でのワイン会も13回目となりました
2年目に突入したんだなと感慨深い
思えば4人から始まり、今回は過去最多の12人
来月以降もさらに拡大しそうで寺西さんの人柄ですね

今回のテーマは牡蠣と鴨
白と赤を堪能する会となりました。

1本目はCHABLIS !st Cru 1999年 
すっかり有名なフランス白ワインの代表でブルゴーニュ地方シャルドネ種からできているワイン
黄金の色で辛口に豊な香を含み、バニラのようなナッツのような味と香がとても口にすごんできました。

CHABLISといえばもちろん牡蠣
最近あまり食べなくなったのはノロウイルスがはやったからというより、万が一あたったたら仕事が休めないことの恐ろしさゆえ
今回の料理は豆乳ソース仕込みの半生な状態
非常に大きな身と殻は厚岸産かな?
添えられた長ネギの切り身が牡蠣とマッチングしておりました






2本目のワインは Ch PAPE CLEMENT 1992年
ネットで調べるとパップクレメントと読むらしい。日本人読みかな?
シャトー・パップ・クレマンはボルドー地方のほぼ中央部、グラーヴ地区ぺサックにあります。14世紀大司教が教会と一丸となり、モデル的ぶどう園にまで成長させ、1305年には新法王クレマン5世に選出され、この名がついたらしい。
この地区は紀元前のころよりの地層が豊な味わいをかもし出す土壌を形成し、ピレネーの水とあいまってすばらしい味わいを出すそうです。ところでこの白ですが、最初は水?っぽいようなのみ応えでした。寺西さんが出すのだからと考え、ちょっとほっておいたら空気とあいまって非常に味わい深い味に変わっていきます。赤だけじゃなくて白もデキャンタージュされるんですね

このワインに合う料理としては秋刀魚のマリネです。
あわせてある野菜がセロリのような大根のような歯ごたえと食感でウイキョウというらしい
とてもさわやかな感じでした








ブルーチーズをふんだんにつかったキッシュ たまねぎも混ざってますが、ブルーの味わいが食べるたびに口中に広まりました。 ただし一部しょっぱいところもあり、これまたブルーポイかも ブルーチーズ以外のチーズも混ざっている気がしましたが。

千歳のイタリアン パーネ・エ・トラットリア

イメージ
千歳で洋食を食べれるところは...?と検索

イタリアンがありました



パーネ・エ・トラットリア

http://www.ripieni.jp/map.html

千歳市柏陽1丁目3-4

0123-28-1418



あまり期待しないで行きました。

住宅街にあってなかなかわかりにくい場所
土曜日の13時過ぎに行くと、店の風貌とは裏腹に満席。非常に愛想の悪い初老の男性がホールの人だったのですが、この人がまたかなりいけてない
10分ほど待って奥のテーブルに案内されたのですが、メニュー渡された後、水もなく、オーダーをききにもこず。お腹がとてもすいてきて、切れそうと思いながら、大きな声で水くださいーい店にはいってから1時間してやっとでてきました。
対応が非常にいやな店だったのに、悔しいけど料理はうまい
下手な札幌のたくさんあるイタリアンよりおいしいからなおさら腹立たしいですどうしてこんな男の店がうまいのやら。。。

発酵パンやきたてでほかほかうまい

すずきのソティー
十穀米つき

これもいい味わい


SPF豚のイタリア風Cote

ソースがなんともいえずうまい


対応さえよければリピートしたい店だけど、 もっと早い時間にいければよいのかも...